闇金の問題を誰にも迷惑かけずに解決したいと考えている人は意外と多いのもの。日本人の「他人に迷惑をかけたくない」という国民性からでしょうか。借金関係の悩みは家族にすら知られたくないと考えてしまうのは当然かもしれません。

例えば「闇金から10万円借りて、10日で3万円もの利子を払っている。相手の情報は携帯電話の番号だけ」この相手、明らかに闇金ですよね。

相手が闇金業者であれば、その貸し付け行為は「違法」です。
つまり、業者に対して「これは違法行為での借金なのだから、返済する意思はない!」と主張できるんです。それどころか「今まで返済した分も返せ!」と言う権利すらあるんです。最高裁判所の判例でも、闇金融業者に対して「元本も含めて返済の必要はない」という旨の判決が出ているのです。

ただ、言葉にするのは簡単でも実際に行動に移すのはとても大変。闇金業者を相手にするにはある程度の法律の知識と時間が必要です。相手もプロなのでのらりくらりと法律の隙間をぬって逃げ回ります。

やはり警察の生活安全課に相談して被害届を出したり、法律の専門家である弁護士や司法書士の法律事務所に闇金について相談して解決を目指すことが現実的なのです。

ヤミ金問題を法的解決します
ウイズユー司法書士事務所

FD:0120-316-646
女性専用相談窓口
ヤミ金レスキュー

FD:0120-143-035
ヤミ金取り立て
断固ストップ
Duelパートナー法律事務所

FD:0120-439-007