s161-yamiQAkomaruヤミ金キャンセル料で弁護士を入れる必要は、もちろん人それぞれケースバイケースってやつなんですが、相手がヤミ金なので今後被害を受ける可能性を少しでも下げたいと考えるのであれば弁護士を入れるべきです。

ケースバイケースの中身に関係しますが「押し貸しでヤミ金からキャンセル料を求められた場合」と「最初は自分から申し込んでやっぱりキャンセルとなってヤミ金にキャンセル料を求められた場合」でかなり状況が異なるんです。

前者であれば弁護士を入れなくてもいいと考える人は多くいるかもしれませんが、後者であれば個人的には弁護士を頼るべきだと思いますね。

一度申し込んでいる場合は個人情報や会社、親戚の連絡先なんかを教えていると思いますが、この状態でキャンセル料の支払いを求められて無視し続けると、自分以外への嫌がらせが発生します。

もちろんキャンセル料の支払いに応じる必要はありませんよ。

ただ、自分以外への被害というのは思った以上に大きいので弁護士に相談して自分の対応、会社や親戚の家での対応なんか相談したほうがいいと思います。

具体的にはあなたの名前で会社に大量の頼んでいない出前が届いた、なんて事があったら会社への被害がどの程度かわかるのではないでしょうか。

ベクトルを変えてみると会社の就業時間内にあなたの名前でデリヘルがなんてことになって、そんなことが続いたら会社に相当居辛くなるのは目に見えています。

こんなことを平気でやってくるのがヤミ金なので、ヤミ金に強う弁護士を探して早急に相談する事と、少しでも早く教えてしまった連絡先に根回しをしておくことが大事なんです。

ヤミ金問題を法的解決します
ウイズユー司法書士事務所

FD:0120-316-646
女性専用相談窓口
ヤミ金レスキュー

FD:0120-143-035
ヤミ金取り立て
断固ストップ
Duelパートナー法律事務所

FD:0120-439-007