s169-QAkomattaヤミ金に申し込んだ後で断ろうとすると高確率でヤミ金からキャンセル料の支払いを求められますが、基本的には払う必要はないです。

ですが、一度申し込んでいると言う事は申し込んだときに自分の個人情報や、会社や実家の連絡先などを伝えているかと思います。

この辺の情報をとにかく真っ先にヤミ金は求めてくるはずなので。

この教えてしまった内容が後々厄介な事になる原因ではあるのですが、お金を借りようとしてまずは名前、住所、電話番号、口座番号、会社の連絡先…と、聞かれてもそこまで不思議に思う事はないですよね。

なので申し込みの際に答えてしまうので、最終的に断ると決めてもその情報から、勝手に振り込んで貸したと言ってくる押し貸しの被害や、キャンセルすると言ったら会社に電話すると脅されたり、キャンセル料の支払いを断っても同様に会社に電話や、実家に電話するとか最初に教えた情報を元に脅されることはかなりの確率であります。

ですが、それでもキャンセル料の支払いをする必要はありません。嫌がらせや脅しに負けて支払ってしまうとちょっと脅せば金を払う人だと思われ次々に要求がエスカレートしていきます。

払ってすんなり終わることもないとは言い切れませんが、それは相手にしているヤミ金次第なので何とも言えません。
ですが、先に述べたようにちょっと電話で脅すだけでお金を振り込んでくる人をそんなに簡単に手放すとは考えにくいと思います。

払っても払わなくてもいやgら背をされる可能性が高いのですから払わないほうがいいと思いませんか。しかもそもそも支払う義務のないものです。

キャンセル料を払えと言われてから嫌がらせが始まったり、ヤミ金とのトラブルが出てきたらヤミ金の対応を専門にしている弁護士や司法書士にヤミ金に困ってると相談するといいでしょう。

ヤミ金問題を法的解決します
ウイズユー司法書士事務所

FD:0120-316-646
女性専用相談窓口
ヤミ金レスキュー

FD:0120-143-035
ヤミ金取り立て
断固ストップ
Duelパートナー法律事務所

FD:0120-439-007