s161-yamiQAkaishaヤミ金のキャンセル料は言ってしまえば恐喝です。
名目なんて其れっぽければ、なんとなくでも「そういうのもあるのか」と思わせることが出来ればいいだけで、事務手数料でも、迷惑料でも何でもいいんです。
そんなものなので当然払う必要はないので無視して大丈夫です。

問題はヤミ金とやりとりをしてしまっている、しかもキャンセル料という話になっていると言う事は電話番号や住所、会社の連絡先なんか教えちゃっていませんか?

教えていないのであれば本当にとことん無視で放置すればいいです。
どうしても不安だというのであれば口座番号の変更、電話番号の変更あたりをしておけば電話番号は知られていないわけですし、口座番号は念のため今後押し貸しの被害にあう確率を下げるための自衛手段ですね。
これだけしておけばだいぶ安心できると思います。

会社の連絡先なんかを教えてしまっている人は会社にヤミ金から電話が行く可能性はあります。
だからと言ってヤミ金に対して言われたとおりにキャンセル料なんて払う必要はありません。

まず会社に連絡まではいかないとは思いますが、もし会社に闇金から連絡がきたら早めに会社に報告しましょう。
具体的には「ぎりぎりで回避は出来たけど詐欺に引っかかりそうになって勤務先は教えてしまった」など、わかりやすく簡潔に伝えるといいかと思います。
これは例えばって話ですのでご自分で考えて自己責任でお願いしますね。嘘をついてもいいと言っているわけではないので。

個人での対処に限界があるので素直にヤミ金対応のプロに助けを求める方がいいかもしれません。
会社に報告するにも「もう弁護士に相談してありますが、まだ何回か会社に連絡がくるかもしれない」と言えます。

身に覚えもなく押し貸しの被害にあってしまったりした場合なんかは、別に嘘をつく必要もなく堂々と「押し貸しの被害にあってヤミ金にキャンセル料払えと言われて会社もなぜかばれていた」というようなことを話せばいいかもしれません。

半端なことを言うと逆になぜばれていたのかの部分に食いつかれて「お前の周りに闇金から借金してるやつがいるんじゃないか」と言われる可能性もあるので、真実を全て語るにしても、一部分だけ語るようにするとしても自己責任で、自分の状況に合わせて出来るだけ会社の迷惑にならない方法をとることがいいのではないでしょうか。

どうしようもなくなる前にヤミ金に強い弁護士や司法書士に相談すれば、会社にヤミ金を頼ろうとしたなんてことを報告しないで済みますよ。