s166-yamiQAkeitai携帯闇金対策ですでに被害にあっていて新規契約した携帯電話を闇金に渡している場合は対策というのと少し違いますが、最低限可能な限り早くその携帯の解約をすることが第一にすべきことではないでしょうか。

携帯電話を渡すという行為自体がグレーで内容次第ですぐに違法行為になることなんです。

例えば言われたとおりにやっただけで契約者が自分であっても関係ないという考えで支払いなどを無視し続けた場合、初めから支払いの意思がないと判断されるとその時点で詐欺罪の適用もあり得ます。支払いについては当然契約の内容に含まれているのに支払う意思がないのに契約したとなるからのようです。

携帯電話を要求する闇金は常に一定量居るんだと思います。そもそも一番の商売道具だと容易に想像できますしね。

一番の商売道具でありながら自分名義では簡単に足がついてしまい捕まる可能性が高くなるので、自分では契約したくないというものなので被害はいつまでたってもなくなりません。

そもそもお金が必要で闇金と関わってしまっているので携帯の解約にも手間取ると思います。

解約に必要な費用が用意できなかった場合でもとりあえず休眠状態でも何でもいいので追加でのお金が発生しないようにしておきましょう。

騙されたと事情を話せるのであれば話して何とか解約できるように、支払いが少しでもすむように相談してみてもいいかもしれません。

その後に闇金絡みは闇金に強い弁護士や司法書士と言った専門家に相談して根本的な解決を目指しましょう。

ヤミ金問題を法的解決します
ウイズユー司法書士事務所

FD:0120-316-646
女性専用相談窓口
ヤミ金レスキュー

FD:0120-143-035
ヤミ金取り立て
断固ストップ
Duelパートナー法律事務所

FD:0120-439-007