s147-yamikotowari闇金からの押し貸し被害にあってしまった時は冷静に「融資の申し込みはしていない」事を相手の闇金に伝えましょう。

伝えたからと言ってそれで引き下がるなら闇金なんて商売はやっていないわけで、すでに振り込んだから今からだとキャンセル料がかかるだとか、手数料がかかるとか、もっともらしい理由を並べ立ててきますが、冷静に「申し込んでいない」事を言い続けましょう。

状況によっては、おたくが間違えてるんじゃないか?と逆に攻めてみたりしてもいいかもしれません。

ただしこういうのは自己責任でお願いしますね。そういった結果どう転ぶかなんてのは正直解らないので。

ただ、闇金に言われる事に同意したり、実際に南下の名目で要求されたお金を振り込んだりしてはいけません。

振り込んだという事実は絶対に作ってはいけません。

押し貸しの被害にあった場合は約束のお金を振り込みましたなどと言って連絡が来ますが、実際にそのお金が振り込まれているケースはそんなに多くはないようです。

振り込むのは連絡をしたときの反応を見てからというのが多いようで、ちょっと脅かせばお金を払ってくるのかというところを見極められてるようですね。

ですが、実際に振り込まれると言う事もないわけではないのでその際は振り込まれたお金を使ってはいけません。

こういったものの処遇は非常に困るので法律の専門家に対応を相談するといいでしょう。

相手は押し貸しをしてくる闇金なので闇金問題に強い弁護士や司法書士に無料相談をするところから始めることをお勧めします。

素人の考えで行動してもそれがマイナスに働くことも十分にあり得ますので注意してください。

ヤミ金問題を法的解決します
ウイズユー司法書士事務所

FD:0120-316-646
女性専用相談窓口
ヤミ金レスキュー

FD:0120-143-035
ヤミ金取り立て
断固ストップ
Duelパートナー法律事務所

FD:0120-439-007